アスティエ・ド・ヴィラットのコーヒーカップのお直しをさせていただきました。

印象的なデザインのアームが、3ヶ所割れてしまっていました。

銀仕上げにしたので、スッと全体の色味になじんで、写真ではどこをお直ししてるかわかりにくいですかね?

 

アームに指をかけて持ち上げると強度が少し心配なので、お客様には、お花の部分をつまんでお使いいただくよう、お願いしました。

 

アスティエの器はどれもとっても薄くて繊細なので、作業をする時、ちょっとだけ緊張します!

飯碗のお直しをさせていただきました。

鳥足の割れ+ヒビ。

ヒビは底までずーっと延びていました。

ヒビは漆を染み込ませて固めるのみにしましたが、絵柄の茶と漆の茶がマッチしてますし、接着部分の線も細めにしたので、違和感はまったくないと思います。

接着部分は銀仕上げです。

小鉢2点のお直しをさせていただきました。

どちらも、ふちが小さく欠けてしまっていました。

さまざまな色が使われている器ですが、主張しすぎない銀を合わせたので、さりげなくなじんでいると思います。

夏はどこに行ってしまったんですかね?

晩夏のような初秋のようなこの時期にぴったりの、菊花皿のお直しをさせていただきました。

欠けてしまっていた部分を、ふちのラインに合わせて成形しました。

銀を合わせて品よく仕上げ。

夏の名残のお料理も、秋の走りのお料理も、どちらもよく似合いそうですね。

 

って書いてたら、秋の味覚が今から楽しみになってきましたー。

早く秋来ないかなー。

ウェッジウッドの器のお直しを2点させていただきました。

この2点、それぞれ別の方から同じくらいのタイミングでご依頼いただいて、びっくりしました。

ひとつ目はコーヒーカップです。

取っ手がとれてしまっていました。

 

もうひとつは角皿。

割れとヒビが全体に入っていました。

磁器でたまに見られるんですが、割れたことで全体に歪みが出てしまうことがあります。

こちらのお皿もそうで、接着に苦労しました。

どうしても合わないところは、接着したあとに段差を漆のパテで埋め、なるべく気にならないように。

 

どちらも銀仕上げがよく似合っています。

飯碗のお直しをさせていただきました。

ふちにぽつぽつと、ごく小さな欠けがたくさん。

金仕上げでお直し。

欠けの大きさと、器の肌に入った斑点が同じくらいの大きさなので、自然になじんでいると思います。

 

ごくごく小さな欠けは、それほど器にダメージがあるものではないですし、それ自体が味になることもあるので、お直しをしなくてもいいかなと思っています。

ただ、ふちの欠けの場合、口が当たる部分なので、引っかかりが気になる、ということもあると思います。そういった時は、お直しをすれば、触ってもわからないくらい平らになるようにしているので、気にならなくなると思います!

ポチッと入った金の点は、とってもかわいいですしね♪

ケーキ皿のお直しをさせていただきました。

アラビアのビンテージだそうです。

ふちが欠けていて、欠けからはヒビも伸びていました。

絵柄を邪魔していないと思います。

欠けの部分も、絵柄の実(かな?)の円と同じくらいの大きさなので、バランスがとてもいいですね。

平皿のお直しをさせていただきました。

欠け部分がちょうど絵柄の葉っぱと同じくらいの大きさで、いいバランス。

目立たない銀仕上げにしてみました。

 

欠けからヒビが伸びていたのですが、重症ではなかったので、漆を染み込ませて焼き付け、固めるのみに。

表は絵柄の青が濃いので、漆を染み込ませた線はほとんどわからないと思います。

マグカップのお直しをさせていただきました。

シンクに落としてしまったそうで、大きくヒビが入ってしまっていました。

青漆仕上げと銀仕上げで悩まれていたので、青漆で地描きをした上に銀粉を蒔いてみました。

これだけ見るとわからないと思いますが、通常の黒漆や白漆の上に銀を蒔いたものと比べると、ほんのり青味がかっています。

使い続けると銀が落ちてきて、下の漆が見えてくるので、青漆の色も楽しんでいただけると思います。

それを楽しみに、長く使い続けていただければ嬉しいです!

ロイヤルコペンハーゲンの楕円皿のお直しをさせていただきました。

プリンセスというシリーズで、プリンセスのティアラをモチーフにしているそうです。

ピクルスオーバル、という名前なんですが、ピクルスを盛るためのお皿なんでしょうか?

ピクルス、たっぷり盛れますね。

小さなケーキとかのほうが似合いそう。

あ、ピクルスっぽい形ってことかな? でもピクルスって言ってもいろいろあるし……

端が割れてしまっていたのを、銀仕上げでお直ししました。

銀がさりげなくなじんでいるので、お直ししていることを知らない方が見たら、気づかないかもしれません。

お皿の青には金もよく似合うと思いますが、やはり、可憐な雰囲気を壊さない銀がベストな選択だったと思います。


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM