角皿のお直しをさせていただきました。

昭和の美濃焼の作家、五代目加藤幸兵衛のものだそうです。

角が割れてしまっていたのを、金仕上げでお直ししました。

割れのラインがちょうど枝と同じような感じで入っていて、とてもよくなじんでいます。

何枚かあるうちの1枚とのことですが、これなら無傷のものとも違和感がないのではないでしょうか。

とっても上手な(笑)割れ方!

 

五代目加藤幸兵衛さんは35年くらい前に亡くなられているそうです。

もう亡くなられている方の作品は、この先新しいものが生み出されることはありません。

ですが、こうしてお直しさせていただけると、その方のお仕事をさらに先の時代に引き継ぐお手伝いができたなー、と感じられて、とても嬉しいです。


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM