中国茶の急須のお直しをさせていただきました。

注ぎ口の欠けは金仕上げに。

お茶を注ぐときに、キラリと光る金を楽しんでいただけるんじゃないかなー、と思います。

 

蓋の裏の欠けは、こすれることが多い部分だと思うので、金だと落ちやすいかなということで、弁柄仕上げ(渋めの朱)にしてみました。

 

テレビで観たんですが、中国茶の急須は使ううちに、お茶の渋や手ずれなどで、深みとツヤが出てくるそうです。

金継ぎもまたしかり。金は色味が深くなっていきますし、漆は透明感とツヤが出てきます。

急須の成長とともに、お直し部分の成長も楽しんでいただければ嬉しいです!


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM