平鉢のお直しをさせていただきました。

黒、と言うのか、濃いグレーと言うのか。

釉薬の縮みが美しい、シックな器です。

 

ツヤのない肌に合わせて、金もツヤがない仕上がりに、というご希望だったので、金消し粉を蒔いて、磨きはせずに仕上げました。

写真では、光の加減で金が輝いて見えますが、マットです。

 

マットな釉薬にマットな金の組み合わせって、自分では案外思いつかないものでしたが、とてもしっとりとした、味のある雰囲気に。

新しい発見ができ、お客様に感謝です!

 


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM