ブログがだいぶご無沙汰になってしまいました。

 

Twitterでお知らせさせていただいていましたPCの故障ですが、戻ってまいりました!

(スマホでのブログのアップのし方がわからず、こちらではお知らせできなくてすみませんでした)

 

修理に出している間、メールの返信が遅れてしまったり、納品をお待たせしてしまったり(納品書が作れませんでした)、お見積りを待っていただいたりと、多くの方にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。

幸い、データにはなんの問題もなく、無事に直ったので、今日からどんどん返信や納品のお知らせなどさせていただきます!

 

ブログも、ご紹介できていないお直しさせていただいた器がたくさんあるので、こまめにアップしたいなー、と思っております。

今後ともよろしくお願いいたします!

飯碗のお直しをさせていただきました。

ふちにぽつぽつと、ごく小さな欠けがたくさん。

金仕上げでお直し。

欠けの大きさと、器の肌に入った斑点が同じくらいの大きさなので、自然になじんでいると思います。

 

ごくごく小さな欠けは、それほど器にダメージがあるものではないですし、それ自体が味になることもあるので、お直しをしなくてもいいかなと思っています。

ただ、ふちの欠けの場合、口が当たる部分なので、引っかかりが気になる、ということもあると思います。そういった時は、お直しをすれば、触ってもわからないくらい平らになるようにしているので、気にならなくなると思います!

ポチッと入った金の点は、とってもかわいいですしね♪

アラビアのマグカップのお直しをさせていただきました。

パラティッシというシリーズのマグカップです。

ふちが大きく欠けてしまっていたのを、金仕上げでお直し。

大きな欠けでしたが、カップ自体もおおぶりのものですし、絵柄も大きいので、いいバランスです。

 

クロフ舎でもご依頼の多いアラビアの器。

今までのお直しでも感じていましたが、アラビアの器は金継ぎととても相性がいいように思います。

ケーキ皿のお直しをさせていただきました。

アラビアのビンテージだそうです。

ふちが欠けていて、欠けからはヒビも伸びていました。

絵柄を邪魔していないと思います。

欠けの部分も、絵柄の実(かな?)の円と同じくらいの大きさなので、バランスがとてもいいですね。

お猪口のお直しをさせていただきました。

もう6月。鮎の漁も解禁になりましたね。

これからの季節に活躍してくれそうなお猪口です。

 

かけらもあったのですが、お客様のご希望で接着せずに、欠けを漆のパテで埋めてお直ししました。

ヒビも欠けと同様にお化粧。

内側にスッと入る金のラインが、印象的な仕上がりになりました。
 


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM