漆仕上げで人気がある白漆。

ですが、お直しが完成したものを見た多くのお客様が、

「思っていたよりも茶色が濃かった」

という感想を持たれるようです。

 

白漆とは言っても、茶色の漆に白の顔料を混ぜて作るので、真っ白にはならず、どうしても茶色がかってしまいます。

とくに塗りたては茶色が強く出るので、白漆、と聞いてイメージする色とはかなり違うと思います。

とはいえ、使ううちに白さが増していって、3ヶ月ほど経つと、最初と比べるとかなり白っぽくなるんですよー。

 

お客様に色のイメージを伝えるときには、「ミルクティーのような色です」と言っているんですが、ミルクティーって人によってお好みのミルクの量が違うと思うので、イメージする色味も人それぞれ。

というわけで、もっとわかりやすいように、写真撮りました!


以前ご紹介した木箱の側面です。

上の色が濃いところが、おととい塗った部分(写真を撮るためにザッと塗ったので、塗りむらには目をつぶってくださいませ……)。かなり茶色が濃いめです。

下の白っぽいところは、塗ってから8ヶ月ほど経っています。これ以上は白くなりません。

 

白漆はとくに茶を強く感じると思いますが、色が変化するのはほかの色でも同じです。

届いたときには思ったより渋かった、色が暗かった、と思われることもあるかと思いますが、少しずつ色が明るく、きれいに出てくるので、色の変化も楽しみつつ、末永くお使いいただければうれしいです!

 

 

 

湯呑のお直しをさせていただきました。

絵柄のところどことろに入っている金彩が気に入っている、というお話だったので、それに合わせて金仕上げに。

同じような光り方のほうがいいかなと思って、磨き金にしてみました。

かなり古いものだそうですが、葉っぱの緑、花の白、枝の黒、そして金の組み合わせが、とってもモダンな印象です。

 

私が使っている湯呑は、子どもの頃に買ってもらったキティちゃんの湯呑なんですが(笑)、最近、ステキな湯呑のお直しのご依頼が多くて、心が揺れています……。

少し大きめで、たっぷりお茶が入る、土ものの湯呑とかいいなー。

……でも、キティちゃんの湯呑が割れてしまったら、きっと直すと思います。

 

有田焼のビアマグのお直しをさせていただきました。

大切な品なので使わずに飾っておいたところ、猫ちゃんが割ってしまったそうです。

お名前は釉薬の上に書かれていて、研ぐと落ちてしまうので、お名前にかかっている部分があるヒビは漆を染み込ませて焼き付け、ヒビを固めるだけに。

欠けの部分は金仕上げにしました。

 

しっかりお直しさせていただいたので、おいしいビールを飲んでくださいませ〜!!

木瓜皿のお直しをさせていただきました。

京都で作陶されている、杉本太郎さんの器です。

青味がかった緑と、モダンなデザインが印象的。

 

あまり目立たないように、というご希望だったので、落ち着いた色味に合う溜漆を合わせてみました。

全体の雰囲気により合うように、漆を2回重ねて塗ったので、かなり深い茶になっています。

 

漆仕上げのご提案をするときに、溜漆はどんな色ですか?というご質問をよくいただきます。

ただ、写真を撮ってもそのままの雰囲気を写すのは難しいし、言葉で説明しても、きちんとお伝えできているのか、いつも心配です。

が、今回の右側の写真はかなり上手に(手前みそ)撮れました!……と思います。

深い茶とツヤ、ほんのりと透け感がある感じが出ていると思うんですが、どうですかね?

近々、漆仕上げで選んでいただける色をまとめてご紹介しますね。

湯呑のお直しをさせていただきました。

絵柄に金が入っているので、金仕上げが文句なしに似合います。

大振りの湯飲みなので、少し大きめの欠けも、器の大きさに対していいバランス。

 

長く使い続けていただくと、表面の金が落ちて、下の弁柄漆が見えてきますが、そうなった時にも全体の茶や絵柄の赤と、相性がいいと思います。

長くお使いいただいて、変化を楽しんでいただけたら嬉しいです!


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM