中深皿のお直しをさせていただきました。

ふちに大きめの欠けが3ヶ所。

ふちの欠けはお直しの中では比較的簡単なほうなんですが、この器は場所によって微妙に厚みが違うので、形を整えるのに少し苦労しました。

緑のドットと金がいい相性。

中国茶の急須のお直しをさせていただきました。

注ぎ口の欠けは金仕上げに。

お茶を注ぐときに、キラリと光る金を楽しんでいただけるんじゃないかなー、と思います。

 

蓋の裏の欠けは、こすれることが多い部分だと思うので、金だと落ちやすいかなということで、弁柄仕上げ(渋めの朱)にしてみました。

 

テレビで観たんですが、中国茶の急須は使ううちに、お茶の渋や手ずれなどで、深みとツヤが出てくるそうです。

金継ぎもまたしかり。金は色味が深くなっていきますし、漆は透明感とツヤが出てきます。

急須の成長とともに、お直し部分の成長も楽しんでいただければ嬉しいです!

GWはブログもお休みして……なんて思っていたら、気づけば5月ももう下旬になってしまっていました!

 

角皿のお直しをさせていただきました。

魚をイメージしたデザインでしょうか?

ふたつに割れていたのを、金仕上げで。

絵柄の色と金がいい相性なので、お直し部分が自然になじんでいると思います。

 

焼き魚がのったところを見てみたい!

茶碗むし器のお直しをさせていただきました。

たっぷりとしたサイズで、茶碗むし好きな方には嬉しいですね。

器の大きさや重さに対して、取っ手が華奢なデザイン。

一番負荷がかかる取っ手の付け根のところで割れてしまっていました。

こういう破損の場合、お直し後は取っ手を持って使っていただくことは難しいです。

お客様にはその点を事前にご説明して、ご了承いただきました。

 

接着して、弁柄漆(渋めの赤)仕上げに。

器全体の色味と、弁柄の色がよく似合っています。


 

 

平皿のお直しをさせていただきました。

欠け部分がちょうど絵柄の葉っぱと同じくらいの大きさで、いいバランス。

目立たない銀仕上げにしてみました。

 

欠けからヒビが伸びていたのですが、重症ではなかったので、漆を染み込ませて焼き付け、固めるのみに。

表は絵柄の青が濃いので、漆を染み込ませた線はほとんどわからないと思います。


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM