急須のお直しをさせていただきました。

注ぎ口が小さく欠けていました。

急須の注ぎ口って、ちょっとしたときに湯呑やテーブルにぶつけてしまいがちですよね。

お茶の切れがいいように、注ぎ口の下の部分に少しでっぱりがありました。

漆のパテで欠けを埋め、でっぱりに合わせて整形しました(写真ではあんまりわからないですかね)。

マットな肌にチラリと光る金がステキです。

 

小皿のお直しをさせていただきました。

北海道の余市町で作陶されている、馬渡新平さんの器だそうです。

落ち着いた器の雰囲気に合わせて、金仕上げに。

深い緑と金の相性が抜群です。

湯呑のお直しをさせていただきました。

マレーシアのマラッカの骨董市で購入されたものだそうです。

明るい色味とエスニックな柄がかわいらしい湯呑です。

ふちがまっすぐではなく、波型になっているので、その形に合わせて欠けを埋めました。

かわいい雰囲気を損なわないよう、さりげなくなじむ銀仕上げに。

少し時間が経って銀の色合いが落ち着いてきたら、さらに似合いそう!

お直し部分の成長を楽しみつつ、おいしいお茶を飲んでくだいね。

 

 

30年ほど使われているという、白磁のお皿のお直しをさせていただきました。

ふちが欠けてしまい、欠けからヒビも伸びていました。

ふちの欠けはカーブに自然に合うように、慎重に成形(整形? どっちだろ?)。

鯛牙で磨いた金の、深みのある光り方が、上品な印象の器によく合っていると思います。

 

楕円皿2枚のお直しをさせていただきました。

古物市で購入されたものだそう。

銀と似ていますが、錫仕上げです。

絵柄の深い青と、落ち着いた雰囲気の錫がよくなじんで、絵柄を邪魔していないと思います。

 

いつも感じることですが、お客様に選んでいただいた仕上げって、こちらが想像していた以上に器によく合うんですよねー。

やっぱり、愛着を持って使われているからこそ、器に一番合う仕上げがピンとくるんでしょうね。毎回とっても勉強になります!

 

 

小ぶりな湯呑のお直しをさせていただきました。

大きなヒビが2本。

触ってみるとけっこう重症で、おそらく、底の部分がもう少し薄かったら、真っ二つに割れてしまっていたと思います。

深い茶の肌に映える、銀仕上げをチョイスしていただきました。

スッとしたフォルムに合わせて、できるだけ細い線でお直し。

銀が内側の白ともよく合っていて、シャレた雰囲気に仕上がりました。

 

湯呑とのことですが、赤ワインとかも似合いそうですねー。

 

 

 

岡田直人さんのカップを2つ、お直しさせていただきました。

どちらも同じような位置に、同じくらいの欠けがありました。

お二人で使われているので、それぞれの目印になるよう、金仕上げと銀仕上げを選んでくださいました。

目印にしたいとのことだったので、目立つように、磨き仕上げに。

白いカップなので、どちらもよく似合っています。私ならどっちにするかな……悩む……。

 

お客様が個展で岡田さんとお会いした時に聞いたお話では、全体に入った貫入は、コーヒーで入れているそうです!

アンティークのような、使い込んだ風合いがとてもステキです。

白いお皿と黒いお皿のお直しをさせていただきました。

白いほうは山本亮平さん、黒いほうは井山三希子さんのものです。

白いお皿はなめらかな肌に合わせて、磨き金仕上げに。

シンプルなデザインに、ちょこっと入った金がいいアクセントになっています。

黒いお皿は呂色漆(黒漆)仕上げにしてみました。

同じ黒なのでほとんど目立ちませんが、少し光が当たると、マットな肌に艶やかな漆がチラリと見え、とってもかっこいいと思います。

 

同じ色を合わせるの、個人的に好みです。

見えそうで見えなくて、でもやっぱり見えて。

気づいた時の、お!という感じがいいですよねー。

ムーミンのマグカップのお直しをさせていただきました。

9つに割れてしまっていたので、絵柄にかかる線がたくさんありました。

内側を見ると、かなり細かく割れてしまってるのがよくわかります。

 

優しい色合いの絵柄をなるべく邪魔しないよう、白漆でお直し。

今はまだ色が濃いので、絵柄よりお直し部分が前に出ている印象ですが、色が落ち着けば全体になじんで自然な雰囲気になるかと。

白漆の色の変化は、こちらをご参考にしてくださいね。

 

湯呑のお直しをさせていただきました。

絵柄のところどことろに入っている金彩が気に入っている、というお話だったので、それに合わせて金仕上げに。

同じような光り方のほうがいいかなと思って、磨き金にしてみました。

かなり古いものだそうですが、葉っぱの緑、花の白、枝の黒、そして金の組み合わせが、とってもモダンな印象です。

 

私が使っている湯呑は、子どもの頃に買ってもらったキティちゃんの湯呑なんですが(笑)、最近、ステキな湯呑のお直しのご依頼が多くて、心が揺れています……。

少し大きめで、たっぷりお茶が入る、土ものの湯呑とかいいなー。

……でも、キティちゃんの湯呑が割れてしまったら、きっと直すと思います。

 


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM