有田焼のビアマグのお直しをさせていただきました。

大切な品なので使わずに飾っておいたところ、猫ちゃんが割ってしまったそうです。

お名前は釉薬の上に書かれていて、研ぐと落ちてしまうので、お名前にかかっている部分があるヒビは漆を染み込ませて焼き付け、ヒビを固めるだけに。

欠けの部分は金仕上げにしました。

 

しっかりお直しさせていただいたので、おいしいビールを飲んでくださいませ〜!!

木瓜皿のお直しをさせていただきました。

京都で作陶されている、杉本太郎さんの器です。

青味がかった緑と、モダンなデザインが印象的。

 

あまり目立たないように、というご希望だったので、落ち着いた色味に合う溜漆を合わせてみました。

全体の雰囲気により合うように、漆を2回重ねて塗ったので、かなり深い茶になっています。

 

漆仕上げのご提案をするときに、溜漆はどんな色ですか?というご質問をよくいただきます。

ただ、写真を撮ってもそのままの雰囲気を写すのは難しいし、言葉で説明しても、きちんとお伝えできているのか、いつも心配です。

が、今回の右側の写真はかなり上手に(手前みそ)撮れました!……と思います。

深い茶とツヤ、ほんのりと透け感がある感じが出ていると思うんですが、どうですかね?

近々、漆仕上げで選んでいただける色をまとめてご紹介しますね。

湯呑のお直しをさせていただきました。

絵柄に金が入っているので、金仕上げが文句なしに似合います。

大振りの湯飲みなので、少し大きめの欠けも、器の大きさに対していいバランス。

 

長く使い続けていただくと、表面の金が落ちて、下の弁柄漆が見えてきますが、そうなった時にも全体の茶や絵柄の赤と、相性がいいと思います。

長くお使いいただいて、変化を楽しんでいただけたら嬉しいです!

お茶碗のお直しをさせていただきました。

増田勉さんの三島碗です。

 

金仕上げにすると、華やかな雰囲気になることが多いんですが、今回は器の模様とお直し部分の太さが近いからか、全体に入った模様に先に目がいくからか、想像以上に金が器になじんで、さりげない仕上がりになりました。

こういう、想像を超える仕上がりになることがたまにあって、そういう器と仕上げの組み合わせに出会えた時は、本当にうれしくなります。

(もちろん、思ってたとおりよく似合う!という仕上がりの時もうれしいですが!)

 

これまで、白飯というシンプルなものを盛ることが多いお茶碗には、金は華やかすぎるかも?と思っていたんですが、このお茶碗のお直しをさせていただいて、考え方が変わりました。

どうしたら金をさりげなく、それでもキラリと光るように見せられるのか、さらに研究を続けたいと思います!

 

 

マグカップのお直しをさせていただきました。

印象的な絵柄で、その上にヒビが入ってしまっていました。

西洋画によく見られる金の額縁をイメージして、金を合わせてみました。

線を細くしたので、絵柄にかかっている部分もそれほど気にならないかと。

お皿のお直しをさせていただきました。

かけらは5つ。

かけらが多いものは、接着の時に少し緊張します。

 

金と銀で悩まれていましたが、最終的に金をチョイスしていただきました。

初めて金継ぎをされる時って、なかなかイメージもしづらいと思うので、どの仕上げにするか悩んでしまいますよね。

白はとくに、金も銀も似合うので、悩まれる方が多いような……。

こちらでもいろいろとご提案させていただきますので、悩まれた時はご相談くださいね!

 

新年なので、新年らしい器をご紹介。

雑煮碗のお直しをさせていただきました。

昨年の秋に、お正月に使いたい!とご依頼をいただきました。

無事間に合ってよかった〜!

 

お正月というハレの日に使う器なので、華やかに金仕上げに。

金のワンポイントが、お雑煮におめでたさをさらにプラスしてくれるといいな、と思います。

 

こちらの器をお直しさせていただいて、初めて「雑煮碗」の存在を知りました。

我が家では、お雑煮はいつものお椀で食べています。

ちなみに、うちの父の出身が仙台で、そちらの習慣のようなんですが、お雑煮にはイクラがのってます。

あと我が家では、お雑煮と一緒にあんこのお餅もお正月にいただきます。

お雑煮って、ほんとに地域によってさまざまですよねー。

こちらの器には、どんなお雑煮が盛られるのでしょう? 盛られたところも見てみたい!

 

 

カップとソーサーのお直しをさせていただきました。

同じ方からのご依頼なんですが、セットなのかな? そういえば伺ってませんでした。

サイズはちょうどいい感じですが、絵柄がちょっと違うような……。

(追記:ブログを見てくださったお客様が、カップとソーサーは別々のものです、とメールくださいました!)

 

カップは取っ手部分の接着です。

取っ手が細いので強度がどうかなー、とちょっと心配だったんですが、持ってみると力がかかるところは無事なので、問題なさそうです。

 

カップの取っ手のお直しの場合、割れている場所や、取っ手の形によっては、お直しをしてもそれまでと同じように使っていただけない場合もありますので、ご注意を。

でも、思い出があるものや、とても気に入っているものなどは、金継ぎをして、たとえば小物を入れたり、花器として使ったり、などもステキだと思います!

 

ソーサーはふちの欠けが2ヶ所。

どちらも磨き金仕上げでお直ししました。

きれいな青に、金がよく映えます。

陶器のスプーンのお直しを、2本やらせていただきました。

この2本、別々の方からのご依頼なんですが、たまたま同じタイミングでご依頼いただいたので、一緒にご紹介。

どちらも柄の部分がポキリと折れてしまっていましたが、接着して漆仕上げに。

 

赤いほうは本朱なので、時間が経つともっと赤が明るくなっていきます。

薄いピンクのほうは、お客様が赤と白で悩まれていたのですが、濃いピンクのカップとセットとのことで、漆の赤とそちらのピンクが合わなそうだったので、自然になじむ白漆をオススメしてみました。

 

漆仕上げは色を選ぶのも楽しみのひとつです。

さまざまな色を選んでいただけるので、漆仕上げが気になる方はご相談くださいね。

酒器シリーズもいよいよ最後です(4回じゃシリーズって言うほどじゃなかったですかね)。

徳利のお直しをさせていただきました。

先日ご紹介した徳利は陶器でしたが、今回は磁器です。

白山陶器の徳利です。

 

かけらが一部なかったので(写真手前の部分。奥は欠け)、木を継いでから、漆で表面を覆い、金仕上げに。

「以前より品格が上がった感じがする」、とお客様からメールをいただいて、とてもうれしかったです。

ダンナ様も気に入ってくださったそうですー。わーい♪

 

ご夫婦でおいしいお酒楽しんでくださいね!


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM