GWはブログもお休みして……なんて思っていたら、気づけば5月ももう下旬になってしまっていました!

 

角皿のお直しをさせていただきました。

魚をイメージしたデザインでしょうか?

ふたつに割れていたのを、金仕上げで。

絵柄の色と金がいい相性なので、お直し部分が自然になじんでいると思います。

 

焼き魚がのったところを見てみたい!

茶碗むし器のお直しをさせていただきました。

たっぷりとしたサイズで、茶碗むし好きな方には嬉しいですね。

器の大きさや重さに対して、取っ手が華奢なデザイン。

一番負荷がかかる取っ手の付け根のところで割れてしまっていました。

こういう破損の場合、お直し後は取っ手を持って使っていただくことは難しいです。

お客様にはその点を事前にご説明して、ご了承いただきました。

 

接着して、弁柄漆(渋めの赤)仕上げに。

器全体の色味と、弁柄の色がよく似合っています。


 

 

平皿のお直しをさせていただきました。

欠け部分がちょうど絵柄の葉っぱと同じくらいの大きさで、いいバランス。

目立たない銀仕上げにしてみました。

 

欠けからヒビが伸びていたのですが、重症ではなかったので、漆を染み込ませて焼き付け、固めるのみに。

表は絵柄の青が濃いので、漆を染み込ませた線はほとんどわからないと思います。

アラビアのマグカップのお直しをさせていただきました。

マグカップとしては少し小さめのサイズで、使い勝手がよさそう。

ちょうど飲む時に口があたる部分にヒビが入っていました。

ふちのところと、ふちの少ししたの部分です。

 

漆仕上げがご希望だったので、口を付ける時になるべく気にならないよう、器の色になじむ白漆にしてみました。

黒漆も似合うんですが、口をつけるところに黒いものがあると、なんとなく気になるかなー、と。

時間が経つと白漆がもっと白くなるので、さらに気にならなくなると思います。

 

角皿のお直しをさせていただきました。

昭和の美濃焼の作家、五代目加藤幸兵衛のものだそうです。

角が割れてしまっていたのを、金仕上げでお直ししました。

割れのラインがちょうど枝と同じような感じで入っていて、とてもよくなじんでいます。

何枚かあるうちの1枚とのことですが、これなら無傷のものとも違和感がないのではないでしょうか。

とっても上手な(笑)割れ方!

 

五代目加藤幸兵衛さんは35年くらい前に亡くなられているそうです。

もう亡くなられている方の作品は、この先新しいものが生み出されることはありません。

ですが、こうしてお直しさせていただけると、その方のお仕事をさらに先の時代に引き継ぐお手伝いができたなー、と感じられて、とても嬉しいです。


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM