平皿のお直しをさせていただきました。

欠け部分がちょうど絵柄の葉っぱと同じくらいの大きさで、いいバランス。

目立たない銀仕上げにしてみました。

 

欠けからヒビが伸びていたのですが、重症ではなかったので、漆を染み込ませて焼き付け、固めるのみに。

表は絵柄の青が濃いので、漆を染み込ませた線はほとんどわからないと思います。

アラビアのマグカップのお直しをさせていただきました。

マグカップとしては少し小さめのサイズで、使い勝手がよさそう。

ちょうど飲む時に口があたる部分にヒビが入っていました。

ふちのところと、ふちの少ししたの部分です。

 

漆仕上げがご希望だったので、口を付ける時になるべく気にならないよう、器の色になじむ白漆にしてみました。

黒漆も似合うんですが、口をつけるところに黒いものがあると、なんとなく気になるかなー、と。

時間が経つと白漆がもっと白くなるので、さらに気にならなくなると思います。

 

角皿のお直しをさせていただきました。

昭和の美濃焼の作家、五代目加藤幸兵衛のものだそうです。

角が割れてしまっていたのを、金仕上げでお直ししました。

割れのラインがちょうど枝と同じような感じで入っていて、とてもよくなじんでいます。

何枚かあるうちの1枚とのことですが、これなら無傷のものとも違和感がないのではないでしょうか。

とっても上手な(笑)割れ方!

 

五代目加藤幸兵衛さんは35年くらい前に亡くなられているそうです。

もう亡くなられている方の作品は、この先新しいものが生み出されることはありません。

ですが、こうしてお直しさせていただけると、その方のお仕事をさらに先の時代に引き継ぐお手伝いができたなー、と感じられて、とても嬉しいです。

マグカップのお直しをさせていただきました。

シンクに落としてしまったそうで、大きくヒビが入ってしまっていました。

青漆仕上げと銀仕上げで悩まれていたので、青漆で地描きをした上に銀粉を蒔いてみました。

これだけ見るとわからないと思いますが、通常の黒漆や白漆の上に銀を蒔いたものと比べると、ほんのり青味がかっています。

使い続けると銀が落ちてきて、下の漆が見えてくるので、青漆の色も楽しんでいただけると思います。

それを楽しみに、長く使い続けていただければ嬉しいです!

ロイヤルコペンハーゲンの楕円皿のお直しをさせていただきました。

プリンセスというシリーズで、プリンセスのティアラをモチーフにしているそうです。

ピクルスオーバル、という名前なんですが、ピクルスを盛るためのお皿なんでしょうか?

ピクルス、たっぷり盛れますね。

小さなケーキとかのほうが似合いそう。

あ、ピクルスっぽい形ってことかな? でもピクルスって言ってもいろいろあるし……

端が割れてしまっていたのを、銀仕上げでお直ししました。

銀がさりげなくなじんでいるので、お直ししていることを知らない方が見たら、気づかないかもしれません。

お皿の青には金もよく似合うと思いますが、やはり、可憐な雰囲気を壊さない銀がベストな選択だったと思います。