大きめの湯呑のお直しをさせていただきました。

4つに割れていたものを、接着して金仕上げに。

割れがちょうど絵柄にかかってしまっていましたが、赤や黄色と金は相性がいいので、それほど邪魔には感じないのではないでしょうか。

 

お直しをしているときには知らなかったんですが、実はこちらの湯呑はペアだそうで、無事だったものと並べた写真をお客様が送ってくださいました!

ステキ〜♡

金が自然になじんでいるので、無傷のものと並べてもそんなに違和感はなく、安心しました。

 

ペアの器や、同じものが何点かある器の場合、お直しをしていないものと並べたときに、金継ぎをしたものだけが目立ってしまったり、同じものに見えなくなってしまわないよう、さりげなくなじむ仕上げを選ぶのがオススメです。

「ペアです」「何枚かあるうちの1枚です」と伺ったときには、いつもその点を考えながら仕上げをご提案させていただいてはいるんですが、実際に無傷のものと並んでいるところを見ることはないので、納品後は「大丈夫だったかな……」とちょっぴり心配です。

 

今回、お写真をお送りいただいて、ペアで並んでいるところを初めて目にすることができて、とても嬉しかったです!

ありがとうございました!

子ども用のカップのお直しをさせていただきました。

ロイヤルコペンハーゲンのものだそうです。

ふたつに割れてしまっていて、大きな欠けもありました。

お子さんが好きそうなかわいらしい柄ですが、色使いなどはとても上品なので(さすがロイヤルコペンハーゲン!)、金や銀なども似合うと思いますが、やはりお子さんが使うものなので、かわいらしい雰囲気のほうがいいだろう、ということで、白漆仕上げをチョイスしてくださいました。

時間が経つと白漆は白さが増すので、もっとかわいらしい雰囲気になると思います。

 

クマのところにはヒビもありましたが、こちらは絵柄を邪魔しないよう、漆を染み込ませてヒビを固めるのみに。

クマちゃんの上にたくさん線がかかってたら、痛々しいですもんね。

クマが茶色なので、漆の線もそれほど目立っていないと思います。

 

急須のお直しをさせていただきました。

注ぎ口が小さく欠けていました。

急須の注ぎ口って、ちょっとしたときに湯呑やテーブルにぶつけてしまいがちですよね。

お茶の切れがいいように、注ぎ口の下の部分に少しでっぱりがありました。

漆のパテで欠けを埋め、でっぱりに合わせて整形しました(写真ではあんまりわからないですかね)。

マットな肌にチラリと光る金がステキです。

 

小皿のお直しをさせていただきました。

北海道の余市町で作陶されている、馬渡新平さんの器だそうです。

落ち着いた器の雰囲気に合わせて、金仕上げに。

深い緑と金の相性が抜群です。

湯呑のお直しをさせていただきました。

マレーシアのマラッカの骨董市で購入されたものだそうです。

明るい色味とエスニックな柄がかわいらしい湯呑です。

ふちがまっすぐではなく、波型になっているので、その形に合わせて欠けを埋めました。

かわいい雰囲気を損なわないよう、さりげなくなじむ銀仕上げに。

少し時間が経って銀の色合いが落ち着いてきたら、さらに似合いそう!

お直し部分の成長を楽しみつつ、おいしいお茶を飲んでくだいね。

 

 


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM