小ぶりな湯呑のお直しをさせていただきました。

大きなヒビが2本。

触ってみるとけっこう重症で、おそらく、底の部分がもう少し薄かったら、真っ二つに割れてしまっていたと思います。

深い茶の肌に映える、銀仕上げをチョイスしていただきました。

スッとしたフォルムに合わせて、できるだけ細い線でお直し。

銀が内側の白ともよく合っていて、シャレた雰囲気に仕上がりました。

 

湯呑とのことですが、赤ワインとかも似合いそうですねー。

 

 

 

岡田直人さんのカップを2つ、お直しさせていただきました。

どちらも同じような位置に、同じくらいの欠けがありました。

お二人で使われているので、それぞれの目印になるよう、金仕上げと銀仕上げを選んでくださいました。

目印にしたいとのことだったので、目立つように、磨き仕上げに。

白いカップなので、どちらもよく似合っています。私ならどっちにするかな……悩む……。

 

お客様が個展で岡田さんとお会いした時に聞いたお話では、全体に入った貫入は、コーヒーで入れているそうです!

アンティークのような、使い込んだ風合いがとてもステキです。

白いお皿と黒いお皿のお直しをさせていただきました。

白いほうは山本亮平さん、黒いほうは井山三希子さんのものです。

白いお皿はなめらかな肌に合わせて、磨き金仕上げに。

シンプルなデザインに、ちょこっと入った金がいいアクセントになっています。

黒いお皿は呂色漆(黒漆)仕上げにしてみました。

同じ黒なのでほとんど目立ちませんが、少し光が当たると、マットな肌に艶やかな漆がチラリと見え、とってもかっこいいと思います。

 

同じ色を合わせるの、個人的に好みです。

見えそうで見えなくて、でもやっぱり見えて。

気づいた時の、お!という感じがいいですよねー。

ムーミンのマグカップのお直しをさせていただきました。

9つに割れてしまっていたので、絵柄にかかる線がたくさんありました。

内側を見ると、かなり細かく割れてしまってるのがよくわかります。

 

優しい色合いの絵柄をなるべく邪魔しないよう、白漆でお直し。

今はまだ色が濃いので、絵柄よりお直し部分が前に出ている印象ですが、色が落ち着けば全体になじんで自然な雰囲気になるかと。

白漆の色の変化は、こちらをご参考にしてくださいね。

 

今年もこの季節がやってきました!

一陽来復ですよー!!(去年の記事はこちら

 

今年は無病息災も祈願して、瓢箪バックにしてみました。

 

今年の恵方は北北西なので、一陽来復は南南東に貼ります。

貼るのは今日の夜0時です。

去年は貼る位置にちょうど柱があったんですが、今年は柱がないので、貼るために木も取り付け済み。

よし来い、0時! がんばります!!


Selected Entry

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM